私立探偵を雇ったときの料金

配偶者の不貞を調べるため私立探偵を雇うというと、なんだかドラマみたいですが、実際に浮気調査を私立探偵に依頼して調査をしてもらうということはあります。
調査をしてもらうことで、配偶者の不貞行為の証拠を集め、その証拠をつかい有利な条件で離婚をすることが目的ですが、私立探偵に浮気調査を依頼するといったいどれぐらいの料金になるのか、気になっているのではないでしょうか。
私立探偵に浮気調査を依頼したとして、その料金はおよそ50万円といったところが相場のようですが、この料金はあくまで予想です。
浮気調査を私立探偵に依頼する人の事情によって、また私立探偵の料金設定によってその金額は違ってきます。

探偵を選ぶ際にチェックする3つのポイントとは?

探偵に案件を依頼する際にやるべきことは何でしょうか。それはその探偵が本当に信頼できるか、さらには調査能力があるかという点です。では、どうすれば良い探偵を選ぶことができるのでしょうか。きょうはそのための3つのポイントについて記したいと思います。
まず、最初にやるべきことはその探偵がきちんとした営業許可、届出を持っているかということです。探偵業を営むためには公安委員会に届出を出さなければいけません。そして、その届出を見えるところに掲示するようにする必要があります。もちろん、ホームページ上にも届出の番号を記載するべきです。それで、まずはこうした届出がなされているところかどうかをチェックしましょう。
次にチェックしたいのはその探偵事務所の規模です。探偵の調査能力を計る一つの方法はどれだけのスタッフがいるかが関係しています。それで、事務所が小さく個人でやっているようなところだと、調査能力に限界があると判断することができます。いくらその探偵が優秀でも1人でできることには限りがあるからです。それで、打ち合わせなどで事務所に来たときに事務所の規模をチェックするようにしましょう。そうすることで、調査能力を把握することができます。

避けたほうがいい探偵の特徴

各種調査に使える便利な存在、それが探偵ですが、全ての探偵が便利で優秀なわけではありません。
なので、便利でも優秀でもない探偵は雇わない方がいいですが、では、いったいどうすればそのような探偵を見分けることができるのでしょうか。
その手の探偵は、基本的に客の目線に立って物事を考えるようなことはしません。
だから、こちらの都合も聞かずに高額な調査をどんどん進めてくる探偵や、一方的に話を続けるような探偵は避けたほうがいいでしょう。
それ以外にも、相場より圧倒的に安い金額を提示してくる探偵も避けたほうがいいです。探偵稼業は手間がかかる稼業なので、真面目に調査しようと思えばそれなりにお金がかかります。
それなのに、相場よりはるかに安い値段を提示してくる探偵は、真面目に調査をしない探偵である可能性があります。
ですので、あまりにも安い探偵は避けたほうがいいでしょう。
人の話を聞かないで高い調査を押し付けてくる、あまりにも料金が安い。これが避けたほうがいい探偵の特徴です。
言いかえれば、これとは逆の特徴を持つ探偵、つまり人の話をよく聞き、常識的な値段を請求してくる探偵は、良心的な探偵である可能性が高いので、どうせ仕事を依頼するなら、そういう探偵に依頼したほうがいいでしょう。

良い探偵を見極めるためにできる3つのこととは?

浮気調査など探偵に案系を依頼したい場合に難しいのがどこの探偵にお願いするかということです。特に、初めて案件を依頼する場合には全くわかりません。では、どうすれば良い探偵を見極めることができるのでしょうか。今日は注意したい3つのポイントを記したいと思います。
まず、最初の点は事務所の雰囲気です。案件を依頼するときに探偵と打ち合わせを行います。その際にできれば探偵の事務所で打ち合わせを行うようにしましょう。事務所で打ち合わせをするとその探偵事務所の活気や調査員の数などを把握することができます。
次に注意してみたいのは相談員の雰囲気です。案件を説明する祭にどれほどこちらの必要を感じ取ってくれるでしょうか。優秀な相談員はこちらが気づかないことでも提案してくれるものです。
最後に注意してチェックしたいのは報告書のサンプルを提示してくれるかということです。報告書は探偵によって形式が違います。しかし、調査が終わった証明となりますし、報告書が納得いくものでないと不満が残るものです。それで、契約する前に報告書の形式などを確認するようにしましょう。仮に報告書のサンプルに満足できないようであれば違う探偵事務所に依頼するほうが良いかもしれません。